イボコロリのサムネイル

首イボの薬・市販薬

イボコロリの首イボへの効果や副作用!内服錠と液体を間違えると失敗

首イボに効く市販薬で人気なのが横山製薬のイボコロリです。
しかし、イボコロリと言っても絆創膏もあれば、内服錠や液体タイプと3種類存在しています。

どのイボコロリに関しても効果も違ければ副作用も変わってきます。
そもそも使われるイボの種類も違うので、首イボや顔イボに使ってはいけないのもあります。

イボコロリであれば薬局やドラッグストアへ行けば販売していることも多いです。また、店舗によっては小さい店舗でも取り扱いがあります。しかし、それはイボコロリの液体タイプの方でもあります。

この記事ではどちらのイボコロリを使えば良いのかをはじめ、効果や副作用について解説をしていきます。首や顔にできたイボを自宅で市販薬で治療しようと思っている人はご覧ください。

間違っても違う方のイボコロリを使用しないようにしましょう。

横山製薬のイボコロリの詳細!2種類ありそれぞれは別のイボ薬

横山製薬のイボ用の市販薬のイボコロリですが、2種類存在しています。

  1. イボコロリ液体タイプ
  2. イボコロリ錠剤タイプ

名前は似てはいますが、この2つの効果は全くの別物となります。その為、間違った使い方をするとイボが悪化をして悩まされるだけではなく、からだの重大な副作用を引き起こすことがあります。

同じイボコロリでも完全な別物となっているのですね。

首イボや顔イボに効く市販薬「イボコロリ内服錠」

イボコロリ内服錠

首イボや顔イボと呼ばれる老人性イボを取る効果がある市販薬がイボコロリ内服錠です。

イボコロリの錠剤に配合されている成分はヨクイニンエキスといくつかの添加物です。ヨクイニンはハトムギの種子より抽出がされる成分となり、イボ取り成分として有名となっています。

からだの内側からヨクイニンエキスを摂取することで、ヨクイニンの新陳代謝を高める働きや保水力によってターンオーバーを促進させる作用が期待できます。

老人性イボの原因はターンオーバーの乱れによって角質が付着したままとなったことなので、からだの内側から原因を解消する為の市販薬となります。

足の裏などのウイルス性イボに効く市販薬「イボコロリ液体タイプ」

イボコロリ液体の写真

イボコロリの液体タイプの効果はウイルス性のイボとなります。

ウイルス性のイボは皮膚がウイルスに感染して引き起こる病気です。その為の市販薬として薬局やドラッグストアで市販されているのが、イボコロリの液体タイプです。

液体タイプは皮膚への効き目も強く、ウイルスを除去するのではなく、感染をした皮膚ごと取り除いてしまう薬です。

間違っても首イボや顔イボへ使用をしてはいけません。きちんと箱の裏や説明書の部分にウイルス用であることが記載されています。

イボコロリ内服錠の効果は首イボを内側からヨクイニンエキスで改善

首や顔のイボに使われるのがイボコロリ内服錠です。

成分としてヨクイニンが含まれており、他には添加物となっています。ようするにヨクイニンを凝縮した錠剤となった市販薬ですね。

1箱の値段としては約2,000円で薬局やドラッグストアで販売されています。お店によって数百円は値段が変わってくることは当然のことながらあります。

1箱の容量は180粒入っており、10日分の容量となっています。1回6錠を服用し、それを朝・昼・晩の3回飲むのが使い方となっています。ようするに1か月利用をすれば3箱の6000円程度の値段となるのですね。

イボコロリ液体タイプの効果は皮膚細胞の死滅!首や顔に使えない

イボコロリを使う上で特に注意をして欲しいのが液体タイプを、顔や首や脇などの皮膚の薄い部分に使うことです。

液体タイプの効果はウイルス感染をしてしまった皮膚の細胞を死滅させることです。その為、死滅してしまった皮膚ごとウイルスを除去する為の薬となります。

わたしはウイルス性イボと老人性イボの両方とも過去に発症をした経験があります。別々の時期ではあったのですが、どちらも自分で取る方法を試したのですが、特に足の裏のウイルス性イボは再発が多く悩まされました。

その際の私のイボに使った薬がイボコロリ液体タイプです。

皮膚に付けるとその部分が白くなっていきます。数日たつと白くなった皮膚ごとごっそりと取ることができます。

万が一、顔や首のような皮膚の薄い部分に付ければ、一生の跡になる可能性があるだけでなく、その部分の皮膚が一時的に取れてしまいます。首や顔には使えないので注意をしてください。

イボコロリ内服錠の副作用!消化器や皮膚に関する報告

イボコロリ内服錠は副作用の報告がされている第3類医薬品となります。

購入した際に入っている説明書が公式サイトにて見ることができます。その副作用の部分を引用したのが下記となります。

服用後次の症状が現れた場合は副作用の可能性があります。
医師または薬剤師に相談してください。
皮膚:発振・発火、かゆみ
消化器:胃部不快感
引用元イボコロリ内服錠の公式サイト説明書(PDF)

また、この説明書には書かれていませんが、口コミなどでは下痢などの症状も見受けられます。

イボコロリ内服錠に関しては5歳以下の使用はできません。副作用もある薬なので、使用の際にはくれぐれも注意が必要となるのですね。

他の首や顔のイボ用の市販薬の多くが同様に副作用が明記されていることが多いです。

イボコロリの副作用が心配だけど自分で取りたい人におすすめの方法

イボを自宅でケアしたいけど、副作用が心配って人も多いかと思います。
私自身がそのひとりでもありますからね。

そのため、私のように首や顔のイボ用の市販薬の副作用が心配って人であれば、イボ取りクリームがおすすめです。

市販薬と同様にヨクイニンが配合された化粧品のことですが、他にイボに効くとされる杏仁エキスや肌機能を回復させる為に、美容成分が含まれています。

私が使ったのであれば、口コミでも効き目があったと評判で今では60万個以上も販売がされているみたいですね。

副作用が心配って人であれば、イボ取りクリームを使ってケアをしていく方法がおすすめとなります。

関連記事

  1. オロナイン

    首イボの薬・市販薬

    オロナインの首イボへの効果や効能!オロナイン軟膏でイボは取れる?

    首にぶつぶつとできたイボを取りたいとオロナインを塗っている人もいるので…

  2. ツブナイトK

    首イボの薬・市販薬

    薬用ツブナイトkの口コミや効果!首や顔の老人性イボ用の医薬部外品

    年齢と共に増えてくることの多いイボに効く医薬部外品が『ツブナイトk』で…

  3. ステロイドの写真

    首イボの薬・市販薬

    首イボにステロイドの効果!ステロイド剤でイボは取れる?

    様々な症状を治療をする薬としてステロイド剤があります。有名なと…

最近の記事

  1. オロナイン
  2. ステロイドの写真
  3. ツブナイトK
  4. イボコロリのサムネイル
  5. 首イボを放置して良いか悩む写真
PAGE TOP